0%

つなぐ、というエールを。


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > つなぐ、というエールを。NTT東日本 東京2020特設サイト


ひとりひとり、夢がある。
でもひとりで、
その夢にたどり着くのは難しい。

そばで支える人がいる。
応援する人がいる。

あなたの夢は、
みんなの夢だから。

ひとりじゃない。
ひとつになるんだ。

ひとやモノをつなぐ
通信ネットワークで。
さあ未来へ、

つなぐ、というエールを。

次の世代に伝えてゆく。それが今の自分の夢であり目標。

桃田 賢斗KENTO MOMOTA

チームメイトのみんな、スタッフ・会社の方々、家族のサポートがあるからこそ、僕はバドミントンに専念することができます。

そして、その支えが、つながりが、僕の力となり、「まだまだ上手くなりたい、強くなりたい」という気持ちにさせてくれます。

皆さまからのサポートやエールによって僕が得たものを、次の世代に伝え継承してゆくことが、僕の夢であり目標です。

インタビュー動画を見る

パラスポーツをもっと、世の中の当たり前に。

煬K 早生SAKI TAKAKUWA

自分がくじけそうになった時、もう一度だけがんばってみようって気持ちにしてくれるのは、やっぱり周りで私を支えてくれているたくさんの人の声なんですよね。自分がネガティブになってしまった時ほど、エールに支えられていることを実感します。
パラスポーツがもっともっと広がって、
どんな人でもスポーツを選択できる、ということが当たり前の世の中になってほしいなと思います。
それを実現できるような影響力を持つ人間になるということが私の一つの夢であり、また、私がもらったあたたかいエールに対するお返しだと思っています。

インタビュー動画を見る

東京2020
日本の全会場から
すべてのエールをつなげる
それがNTT東日本の使命です

東京2020大会 NTT東日本の取り組み

東京2020大会 NTT東日本の取り組み

動画をご覧いただけない方はこちら

NTT東日本はスポーツのとなりに。
感動のすぐそばに。

いつの時代も人を熱くし、
人に感動と興奮をもたらすスポーツ。
NTT東日本は「人と通信で、
地域をつなぐ会社」として、
そんなスポーツの魅力を余さず伝え続け、
日本を元気にし続けます。

  • 野球部 画像1
  • 野球部 画像2
  • 野球部 画像3
  • 野球部 画像4

NTT東日本野球部は「突撃〜熱くつなげ〜」のスローガンのもと、
社会人野球日本一を目指すとともに
青少年育成や野球振興に寄与することを目的とした野球教室なども開催し、
地域の活性化に一層尽力していきます。

野球部
公式サイトはこちら

  • バドミントン部 画像1
  • バドミントン部 画像2
  • バドミントン部 画像3
  • バドミントン部 画像4

NTT東日本バドミントン部は“全ての人に感動を!!”をチームスローガンとして、
国内トップチームを保持し、さらには、オリンピック選手輩出を目標に挑んでいます。
また、競技のみならず地域へのバドミントン教室の実施など、
青少年の健全な育成と地域のスポーツ振興に取り組んでいます。

バドミントン部
公式サイトはこちら

  • 漕艇部 画像1
  • 漕艇部 画像2
  • 漕艇部 画像3
  • 漕艇部 画像4

〈Boost!〉をスローガンに掲げる今シーズンのNTT東日本漕艇部。
チーム一丸となった結果、男子エイトで4年連続日本一を果たすことができました。
2020に向けてさらに邁進しながら、
ボート教室を通じ青少年の育成も同時にBoost!(押し上げ)していきます。

漕艇部
公式サイトはこちら

  • 個別認定選手 画像1
  • 個別認定選手 画像2
  • 個別認定選手 画像3
  • 個別認定選手 画像4

NTT東日本では、「ロンドン2012パラリンピック」「リオ2016パラリンピック」に続き
パラリンピック3大会連続出場、メダル獲得をめざしている
煬K早生選手を個別認定選手として応援しています。
2019年の抱負は「世界大会で好成績を収め、東京2020パラリンピック内定を得るため、
集中力を高く持ち続ける。」と語る煬K選手。人間の可能性、チャレンジの素晴らしさを
強く感じることのできるパラリンピックスポーツの魅力を皆様にお伝えします。

個別認定選手
公式サイトはこちら

  • トライアスロン・テニス

  • スポーツ協賛 画像1
  • スポーツ協賛 画像2

1990年から30年に渡り応援しているトライアスロン選手をはじめ、
東京2020オリンピック・パラリンピック出場を目指している選手達を、
個人協賛選手という形で応援しています。

スポーツ協賛
公式サイトはこちら

スポーツへの取り組みに
ついてはこちら

NTT東日本は
東京2020オリンピック・
パラリンピックを応援しています。

日本で初めて開催された東京1964オリンピック。
そのとき、NTT東日本はすぐ近くでオリンピックを見守り、ともに走り続けました。
歴史が積み重なり、時代が移り変わって2020年になっても、送るエールは決して変わりません。
その歴史を、いま振り返って、2020年へ。

東京1964オリンピック
TOKYO 1964

日本で初めて全世界カラー中継を行い
オリンピックの記憶はよりあざやかに、
人々の心へと。

  • 東京で初開催された、第18回のオリンピック。日本は、金メダル16個を含む計29個ものメダルを獲得し、国際競技力のレベルでいくつもの競技にて「世界に追いつけ追い越せ」を実現しました。

  • 通信衛星により初めて全世界カラー中継が行われるなど、国際通信発展の歴史においても節目となるような通信技術が活用され、人々の記憶にもその大会の記憶が鮮明に刻まれた歴史的なタイミングとなりました。

札幌1972冬季オリンピック
SAPPORO 1972

札幌オリンピックを機にした
インフラ整備や、自動交換機の普及。
通信の技術が、昭和の人々に、街に、
暮らしに転換期をもたらした。

  • アジア初の開催となる冬季オリンピックは、札幌で開催されています。札幌の国際化にもつながり、冬季オリンピック競技の地としてのイメージを築く礎になりました。

  • 電子交換機の研究成果となる自動交換機サービスの開始、大規模情報処理システムの試験的運用の開始……。様々なインフラの技術躍進に努めました。

長野1998冬季オリンピック
NAGANO 1998

オリンピックの感動は、
世界の人々のもっと近くへ。

  • 20世紀最後の冬季オリンピックは長野にて開催されました。札幌の冬季以来、日本では2度目の催行で、メダルは前回の3個から大きく躍進し、合計10個を獲得。日本のスポーツレベルがアップしていることを世界へとアピールする大会になりました。

  • オリンピックのゴールドスポンサー、そしてパラリンピックでは特別公式協賛企業として、地域の通信インフラ整備や大会運営用のシステム構築・保守運用で貢献しました。

NTT東日本は
東京2020オリンピック
聖火リレーを応援しています
Connecting with Hope

東京2020オリンピック聖火リレーは、2021年3月25日に福島県をスタートし、
聖火ランナーが121日間をかけて全国47都道府県をめぐりながら聖火をつなぐイベントです。

GRAPHIC<Connecting with Hope>

都市をクリックすると壁紙がダウンロードできます。 (1920×1080px)

■ご利用上の注意
ダウンロードした本データは、個人の使用範囲内に限定することとし、著作権法の定めにより、
著作者の許諾なく、一部または全部の転載・複製・再配布等を禁じます。
ダウンロード期限:2021/12/31まで

こちらは、NTT東日本サービス提供エリアのみの壁紙のご提供となります。
※東京2020オリンピック聖火リレーは全国を周ります。

東京2020オリンピック聖火リレーは、
2021年3月25日に福島県をスタートし、
聖火ランナーが121日間をかけて
全国47都道府県をめぐりながら
聖火をつなぐイベントです。

GRAPHIC<Connecting with Hope>

都市をクリックで壁紙がダウンロードできます。
ご利用のスマートフォンに応じたサイズを選択してください。

■ご利用上の注意
ダウンロードした本データは、個人の使用範囲内に限定することとし、著作権法の定めにより、著作者の許諾なく、一部または全部の転載・複製・再配布等を禁じます。
ダウンロード期限:2021/12/31まで

こちらは、NTT東日本サービス提供エリアのみの壁紙のご提供となります。
※東京2020オリンピック聖火リレーは全国を周ります。

  • LINEで送る

Connecting with Hope

東京都(2021.7.9-7.23)

Connecting with Hope

神奈川県(2021.6.28-6.30)

Connecting with Hope

千葉県(2021.7.1-7.3)

Connecting with Hope

埼玉県(2021.7.6-7.8)

Connecting with Hope

茨城県(2021.7.4-7.5)

Connecting with Hope

栃木県(2021.3.28-3.29)

Connecting with Hope

群馬県(2021.3.30-3.31)

Connecting with Hope

青森県(2021.6.10-6.11)

Connecting with Hope

岩手県(2021.6.16-6.18)

Connecting with Hope

秋田県(2021.6.8-6.9)

Connecting with Hope

宮城県(2021.6.19-6.21)

Connecting with Hope

山形県(2021.6.6-6.7)

Connecting with Hope

福島県(2021.3.25-3.27)

Connecting with Hope

新潟県(2021.6.4-6.5)

Connecting with Hope

長野県(2021.4.1-4.2)

Connecting with Hope

山梨県(2021.6.26-6.27)

Connecting with Hope

北海道(2021.6.13-6.14)